ビジネスマナー研修会



TOP>敬語を使えない人が多い?
敬語を使えない人が多い?
敬語って難しいですよね・・・
友人と話す時に敬語を使うことなんてありませんし、
使い慣れるまではどう話せば良いか分からないですよね。
管理人も覚えるのにかなり苦労しました(汗)

敬語には3種類あります。

尊敬語
尊敬語は相手の動作に対して使う敬語です。

(例)
相手が来た時  いらっしゃった
相手が話す時  おっしゃる
相手が食べる時  召し上がる

謙譲語
謙譲語は自分の動作に対して使う敬語です。

(例)
自分が行く時  参る
相手の話を聞く時  伺う
自分が食べる時  いただく


丁寧語
丁寧語は動作を上品に言う時の敬語です。
尊敬語や謙譲語のように、言葉そのものが入れ替わるのではなく、
「〜です」「〜ます」というように話します。

難しいように聞こえるかもしれませんが、
動作主が誰なのかを意識すると案外スムーズに話せるようになります。

普通の敬語は使えても、
商談の場での敬語は苦手という方は多いのではないでしょうか。

取引先と自分と上司で商談をする場合は
取引先も目上、上司も目上という状態ですもんね。

しかし上司は社内、取引先は社外の人です。
個人で考えると難しいですが、会社単位で考えると目上はどちらかが見えてきませんか?
当然、社外の人となります。

取引先の人の前では上司も自分の同じ立場のような言葉遣いになります。

つまり言いにくいとは思いますが、
上司を呼び捨てで呼び、上司の動作も謙譲語で話すということです。

商談の場では、
動作主が相手の会社の場合尊敬語を使い、
自分の会社の場合は謙譲語を使うということになります。

分かっていただけましたでしょうか。

先ほどもお話ししましたが、難しいと考えてしまいがちな敬語も、
動作主が誰かをはっきりさせることでミスなく話せるようになります。

最初はすらすらと言葉が出てこないかもしれませんが、
言葉遣いは慣れなので、練習あるのみです。頑張ってください!



Copyright (C) 2013 ビジネスマナー研修会 All Rights Reserved.